無料で良いの?電脳せどりツール【DELTA tracer】が凄すぎる!

 

どうも、ほっかいです。

 

「これ本当に無料でいいのぉぉ?」

 

と叫びたくなるくらい(叫んでいたかもしれません…)かなり有料級なGooglechromeの拡張機能【DELTA tracer】をご紹介致します。

 

ちなみに、この【DELTA tracer】を導入することによってリサーチスピードが激変し、更にPCも余計な拡張機能を使わなくて済むのでサクサク動くようになりました。

 

ここまでのツールが無料だと本当に嬉しい限りです。

 

ということで早速動画で説明致しますね。

 

 

 

 

 

DELTA tracerをインストール!

基本的に、GoogleChromeの拡張機能ツールをダウンロードするやり方は一緒で、とても簡単です。

 

まずは、Googleの検索窓に「DELTA tracer」と入力しDELTA tracer – Chrome ウェブストア – Googleがでてきますのでクリックします。

 

そうすると下の図が現れますので、右上にある青い「CHROMEに追加」をクリックしてください。

 

そうすると右上の青いボタンが緑に変わり「CHROMEに追加済み」となりますので、これでインストール完了です。

 

 

 

とても簡単ですね!

 

 

 

DELTA tracerを使って時短!

Amazonで電脳せどりをする場合は、やはりAmazonからリサーチをした方が早いです。

 

ポイントとしては、

・Amazonがいないと商品を狙う

・ライバルが少ない商品を狙う

・売れ行きが良い商品を狙う

 

となります。ですので、この3つの情報を速やかに入手することによってリサーチスピードが急激に上がってくるわけですね。

 

そしてその3つのポイントを全て、しかも一目で表示してくれるツールがDELTA tracerです。

 

では早速見ていきましょう。

 

 

まずはAmazonの検索窓に好きなキーワードを入れてみましょう。今回は「お守り」といれてみますね。

 

 

導入する前はこちらの画面でしたが

 

導入後はこのように表示されます。

 

 

 

いろいろ表示されてにぎやかに見えますが実際見るポイントはそこまで多くありません。

 

拡大して見ると

 

は「Keepa」という拡張機能で表示されるグラフで、主に刈り取りやAmazonの在庫復活を予測できるツールです。

詳しくはこちらの記事からご覧ください。

せどり狩り取り最強ツール!無料で使えるKeepaの使い方を動画で紹介

 

「刈り取りはしない」という方はあまり使わない機能ですが、Amazonの在庫復活は予測できますので仕入れ判断をする際に見ておくと良いですね。

 

見るコツとしては、オレンジの折れ線がAmazonですのでパッと見るだけでOKです。

 

 

 

にはいくつかのアイコンがあり、クリックすることでそれぞれのページの飛ぶことができます。

商品詳細

モノレートに似た機能で商品の仕入れ判断に使える機能です。私はあまり使っていません。

モノレート

モノレートに飛ぶことができますので、私はこのアイコンを一番利用しています。

Y!ショッピング

ヤフーショッピングに飛ぶことができます。JANコード検索になります。

楽天

楽天のショップに飛ぶことができます。こちらもJANコード検索です。

価格コム

価格.comに飛ぶことができます。こちらは商品名検索になります。

ヤフオク

ヤフオクに飛ぶことができます。こちらも商品名検索になりますので使いやすいですね。キーワードをカスタマイズすることでヤフオクリサーチがスムーズにできるようになります。

オークファン

オークファンに飛ぶことができます。オークファンを日ごろ活用する方には嬉しい機能ですね。

 

②の中では、実際モノレート意外はあまり使っていません。

 

 

 

の機能が一番ありがたく、ここに表示されている情報だけでもかなりの時短になります。

 

特に使える情報としては

アマゾン

Amazon本体がいるかどうかが一目でわかります。「在庫あり」もしくは「-」で表示いて「-」で表示されていればAmazon本体がいないという事です。

ランク

売れ行きの目安が一目でわかります。ジャンルにもよりますが1万位以内であれば高回転で売れていく確立が高いので、わざわざモノレートをみなくても予測を立てることができます。

新品

最安値の価格とセラー数が一目でわかります。ライバルが多い商品は売れ方が鈍くなりますのでなるべく避けていきたいですね。

中古

ここも新品と同様中古の最安値とセラー数がわかります。

JAN

JANコードが一目でわかります。JANコードがない商品はライバルが少ない傾向にあるので狙い目だったりします。

 

 

③で見るポイントとしては

・Amazon本体がいるかどうか

・ランキングをみて売れ行きはどうか

・新品や中古でライバルセラーはどれくらいいるか

 

になりここさえ押さえればある程度判断をすることができます。

 

後は、条件があった商品を更に詳しく見ていけばOKです。

 

 

 

更に詳しくDELTA tracerで見てみる!

仕入判断の条件がある程度揃ったら、更に詳しくその商品を見ていきます。

 

まずは商品ページを見てみましょう。

 

 

 

そうすると商品名の横にも「モノレート」のアイコンが表示されます。

 

ここを1クリックするだけでモノレートに飛ぶことができますね。

 

更にもっと下の方を見ていくと見込み利益も表示されています。

 

0円で仕入れた時の見込み利益を自動で計算してくれますので「損益分岐点」がすぐにわかるようになっていますね。

 

後は仕入れ値が250円だとすると、421-250=171円の利益とすぐに判断できますのでわざわざ計算ツールを使わなくても利益の目安を立てることができます。

 

 

 

更に下を見ていくとモノレートによく似た機能が表示されるのですが、実はモノレートよりも優れている部分があり分析しやすくなっています。

 

 

 

モノレートは3か月表示ですが、DELTA tracerの場合、1カ月から表示されていますので更に細かく分析することができます。

 

 

 

DELTA tracerの魅力とは?

色んな拡張機能がある中で、使いやすい部分を良いとこ取りしたものがDELTA tracerだと思います。

 

そのお陰で、複数の拡張機能を使わずにリサーチができるようになったのでPCが軽くなりスムーズに動くようになりました。

 

ちなみに今まで導入していた拡張機能は

・ショッピングリサーチャーもしくはクローバーサーチB

・AMZcellarbrowser

・モノサーチ

 

詳しくはこちらの記事にあります。

電脳せどりで効率化!!拡張機能の最強カスタマイズを大公開!

 

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

電脳せどりでリサーチをしていると、スピードが物凄く大切になってきます。

 

その悩みを解決してくれるツールとしてはかなりハイスペックな内容だと思います。

ちなみに、どれくらいリサーチができるかタイムアタックをしてみた結果、1.7倍も商品を見ることができました。

 

是非、リサーチの効率化を上げたいという方は導入してみてはいかがでしょうか?