Amazonの出品規制を一瞬で確認する方法とは?

「あぁぁぁぁぁめんどくさい!!」

 

 

いちいち、

毎回毎回、

その都度その都度、

 

 

出品規制を確認するために

 

 

Amazonのセラーセントラルページを開いて

商品登録画面を開いて

JANコード打ち込んで…

 

 

 

 

「あぁぁぁぁめんどくさい」

 

 

 

 

 

めがね先輩

おい、ほっかい

最近の流れだと新規出品者に厳しいみたいだな。

 

 

ほっかい

あっ、めがね先輩!そうみたいですね。

アカウントを作成して6か月未満の出品者には

辛口らしいですね

 

 

 

めがね先輩

そうなんだよな。

もし沢山購入して出品できなかったら

大赤字だな。

ほっかい、あの技を教えてやれ!

 

 

 

稼ぎ鯛

そうだそうだ!!

 

 

ほっかいキレ顔

鯛の野郎…

 

 

 

 

という事で私が良く使う時短技をお伝えします。

 

 

Amazonは常に進化し続けているため

いつの間にか出品規制ルールが変更になっていますので

高額な商品を購入するときや

大量仕入れするときは必ずチェックした方がよいですね。

 

 

危険物やFBA納品不可もそうですが

仕入れてからでは遅いです。

 

 

 

一瞬で確認するための準備

 

まずはGoogle chromeの拡張機能

「Simple = Select + Search」

を導入しましょう。

 

この拡張機能はなぞった文字を右クリックで選択することで

一発検索できる便利な拡張機能です。

 

 

導入方法と使い方はこちらから

 

 

 

 

 

動画をご覧頂ければわかるのですが

この拡張機能は本当に便利ですので必ず導入しておいてくださいね。

 

私自身もこの拡張機能がないとリサーチになりません。

 

 

後は、好きなサイトのURLを登録する事で

自分だけのカスタマイズをすることができます。

残念ながら今のところ「オークファン」という

サイトは文字化けしてしまうので諦めて下さいね。

 

 

 

Amazonの出品規制を一瞬で確認

 

「Simple = Select + Search」

導入ができたら、いつも利用されている

「セラーセントラルページ」の

商品登録画面を検索URLに追加します。

 

 

 

こちらも先に動画で説明しますね。

 

 

 

 

動画で使用したURLはこちら

「https://sellercentral.amazon.co.jp/productsearch?q=%s&ref_=xx_prodsrch_cont_prodsrch」

 

 

 

 

 

 

まず、Simple = Select + Searchのオプションページを開きます。

次に赤丸をした箇所に「+」とありますのでクリックします。

 

 

 

 

そうすると一番下の赤丸に、独自エンジンが作成できる枠が表示されますので入力します。

私の場合は「規制check」にしました。

検索URLは

「https://sellercentral.amazon.co.jp/productsearch?q=%s&ref_=xx_prodsrch_cont_prodsrch」

 

打ち込むだけで登録完了です。

特に、「登録しますか?」もしくは「登録完了です」などが全くないので

確認するときは何でも良いのでなぞってみて下さいね。

 

 

 

 

 

次に確認したい商品のASINをなぞりましょう。

下の図ではショッピングリサーチャーという拡張機能を使用しているため

商品名の下にASINが表示されていますが

ない方は商品名をなぞるだけでも検索できます。

ショッピングリサーチャーの登録方法と活用方法はこちら

↓    ↓    ↓

ショッピングリサーチャー

 

 

 

 

 

なぞってから右クリックをすると下の図のように表示されます。

「Search’ B01L6YFWRY’on」と表示されますのでクリックを押さずに「▶」の方にマウスを動かすと新たに表示されますので、先ほど登録をした「規制check」をクリックします。

 

 

 

 

 

そうすると一発でamazonの商品登録ページにいき

更に、上の赤丸の部分が自動的に表示されています。

 

この商品は「このブランドには出品許可が必要です」と記載されており

出品許可申請と表示されているので出品制限がかかっていますね。

 

 

この商品をチェックせずに仕入れてしまったもんなら

不良在庫になってしまい赤字になってしまいます。

 

 

このような商品は沢山あり、

日々厳しくなっていますので必ずチェックすることをオススメします。

 

 

 

出品規制が入っている商品

Amazonのセラーセントラルページから確認できるものは

出品許可が必要なカテゴリー

出品許可が必要なカテゴリーで出品するには、Amazonから出品許可を得てください。

注: このカテゴリーでの出品が認められると、月間登録料4,900円を支払う大口出品プランにアップグレードする必要があります。

このページの下部に掲載されているカテゴリーには出品許可が必要です。出品を希望するカテゴリーのリンクをクリックし、画面に表示される指示に従って申請フォームを送信してください。

出品許可が必要な商品

制限対象商品

一部の商品は、一切Amazonに出品できません。詳しくは、制限対象商品および出品者利用規約を参照してください。

出品許可が必要なカテゴリーと商品

                         Amazonセラーセントラルページより

 

 

 

これ以外にも

家電商品は

  • BenQ Japan(ベンキュージャパン)
  • BROTHER(ブラザー)
  • CANON(キャノン)
  • CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)
  • CASIO(カシオ)
  • DJI(ディー・ジェイ・アイ)
  • EPSON(エプソン)
  • Ergobaby(エルゴベビー)
  • FUJIFILM(富士フイルム)
  • GOPRO(ゴープロ)
  • Hoppetta(ホッペッタ)
  • NIKON(ニコン)
  • OLYMPUS(オリンパス)
  • PANASONIC(パナソニック)
  • PENTAX(ペンタックス)
  • RICOH(リコー)
  • SIGMA(シグマ)
  • SONY(ソニー)
  • TAMRON(タムロン)

 

アパレル関係ですと

  • A BATHING APE(ア・ベイシング・エイプ)
  • Abercrombie & Fitch(アバクロンビー&フィッチ)
  • adidas(アディダス)
  • BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)
  • BURBERRY(バーバリー)
  • CALVIN KLEIN(カルバン・クライン)
  • CANADA GOOSE(カナダグース)
  • CHAN LUU(チャンルー)
  • Chloe(クロエ)
  • Christian Louboutin(クリスチャン・ルブタン)
  • COACH(コーチ)
  • Daniel Wellington(ダニエル・ウェリントン)
  • Dior(ディオール)
  • Dunhill(ダンヒル)
  • Ed Hardy(エド・ハーディー)
  • emu(エミュー)
  • FENDI(フェンディ)
  • FJALL RAVEN(フェールラーベン)
  • Giorgio Armani(ジョルジオアルマーニ)
  • GOYARD(ゴヤール)
  • GUCCI(グッチ)
  • GUESSS(ゲス)
  • HUNTER(ハンター)
  • IL BISONTE(イル・ビゾンテ)
  • LeSportsac(レスポートサック)
  • LONGCHAMP(ロンシャン)
  • LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)
  • MARC BY MARC JACOBS(マーク ジェイコブス)
  • Mila schon(ミラ・ショーン)
  • MINNETONKA(ミネトンカ)
  • MONCLER(モンクレール)
  • NEW BALANCE(ニューバランス)
  • NIKE(ナイキ)
  • Orobianco(オロビアンコ)
  • PANERAI(パネライ)
  • Paul Smith(ポール・スミス)
  • Polo Ralph Lauren(ポロ・ラルフローレン)
  • RAY-BAN(レイバン)
  • Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ・フェラガモ)
  • TATRAS(タトラス)
  • TIFFANY(ティファニー)
  • TOD’S(トッズ)
  • TOMS SHOES(トムスシューズ)
  • TORY BURCH(トーリー・バーチ)
  • Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)
  • VANS(ヴァンズ)

 

その他にも

  • ショップジャパン
  • BOSE

 

また一部のもので

  • アンパンマン
  • トミカ
  • ディズニー
  • ジブリ
  • りかちゃん
  • プラレール
  • たまごっち
  • トーマス
  • ガンダムフィギュア
  • ぽぽちゃん
  • CD
  • DVD

 

などがあり、トイカメラなどの

色違いなだけで出品できない商品もいくつかあります。

 

 

 

 

 

まとめ

出品規制をチェックするのは本当に面倒な作業ですが

この拡張機能を使うことで2クリックで検索することができます。

不良在庫のために仕入れるのは勿体ないのですし

高額商品や、大量に仕入れる際には必ずチェックすることで

赤字仕入を阻止できますね。

また、Amazonのルールは日々変更されていますので

敏感に情報をチェックすることをオススメします。

 

プレ値商品を簡単に、しかも一瞬でリスト化する方法も確認して下さいね

↓         ↓          ↓

プレ値商品の探し方とは【Amazonから一瞬でリスト化する方法】