要期限管理商品のFBA納品マニュアル~Amazonで安心出品しよう~

「要期限管理商品の納品方法が難しすぎるやろー!!」

 

 

どうも、ほっかいです。

 

 

 

要期限管理商品って最初のうちは

難しく感じる人も多いのではないでしょうか?

 

私も、始めたての頃は

このハードルを越えるために

Amazonのテクニカルサポートに

何十回も電話をしました。

 

 

しかも返ってくる回答が

「毎回違うじゃねーか!!」という感じで

かなり苦戦したのを昨日の事かのように覚えています。

 

 

 

 

 

ですが、一度覚えてしまうと

そこまで難しくないのものです。

 

ただ、ルール以外の事をしてしまうと

ペナルティとしてアカウント停止にもなり兼ねません。

 

 

参入障壁が高く感じる分

ライバルがまだ少ない美味しいジャンルですので

これを機に習得して頂ければと思います。

 

 

 

要期限管理商品とは?

 

●食品全般(サプリメント、食玩、ペットフードなども含む。)

●食品以外で消費期限の印字がある商品

●お酒類(FBAで利用するためには沢山の手続きが必要)

 

という事は、「食品」は全部ですね。

食品以外も消費期限がある、バンソーコや塗り薬も

要期限管理商品になります。

 

 

要期限管理商品の大まかなルールとは?

要期限管理商品は消費期限が過ぎたものを出せないので

徹底的な管理システムになっていますので

以下のようなルールがあります。

 

1、消費期限が近い商品から発送

出品者の在庫のうち、消費期限の日数が少ないものから配送してくれる。

 

2:ラベルなし混合在庫での納品は不可

要期限管理商品と通常の商品は一緒に梱包をして送ることができません。

お菓子(要期限管理商品)+MDディスク(一般商品)はNGです!

お菓子(要期限管理商品)+塗り薬(要期限管理商品)はOKです!

 

3:消費期限までの期間が45日以下となった在庫は自動的に「廃棄」

消費期限までの残り日数が45日になった在庫は廃棄で返送はできません。

しかも廃棄手数料が請求されます。

 

特別ルールで条件を満たし、事前に申請をされた商品は

15日前まで廃棄が延長されます。

特別ルールについては後ほど詳しく説明しますね。

 

4:商品(ASIN)ごとに紹介納品前の対応が必要な場合がある

商品によって事前申請が必要なものもあります。

詳しくは後ほど紹介しますね。

ここまでが大まかなルールです。

 

 

扱える商品とは?

1、常温で保存できる商品

取り扱えない・〇〇度以下で保存など温度指定があるもの

          ・要冷蔵・要冷凍なもの

 

取り扱える→   ・「冷暗所で保管」

          ・「高温多湿を避けて保存」

          ・「直射日光を避けて保存」など温度指定がないもの

*チョコレートは例外で期間限定の条件付きで取り扱えます

 

2、FC到着時に消費期限まで60日以上 の期間が残っている

FCで受領されるタイミングで、消費期限が60日以上ないとダメです。

特別ルール申請をすれば30日まで延長することができます。

 

3、ルールに沿った消費期限の印字が外から見える場所にある

外から見える場所に、第三者が見ても

誤解なくわかるフォーマットで印字されていることが条件です。

※和暦は「平成」や「H」などで和暦とわかる場合のみOKです。

取扱い可能な例

・2018年1月10日

・2018/1/10

・2018 January 10

・18年1月10日

・18/01/10

・H30/1/10

・平成30年1月10日など

 

取扱い可能な例

・2014/06

・2014 Dec

・2014年10月

・07/2018

・平成30年1月

・H30/1など

 

 

 

 

 

出品者の方で読み方をが商品に貼るなどして

読み方がわかるよう印字しても大丈夫です。

(手書きはNGで印字が必要です)

 

ですので、年、月、日の順番がバラバラでも

読み方が書いてさえあれば大丈夫という事です。

 

 

取り扱えない消費期限

・他の数字が記載されており、どの数字が消費期限かわかりにくい。

・順番がバラバラでどの数字が日付かがわからない。

例→2018年4月18日が消費期限だった場合

・18/4/2018

・04/18/2018

・04/18/18

・18/04/18など

わかりにくいのでNGです!

 

 

稼ぎ鯛

食品でも賞味期限がないものは

どうすんだよ!

 

 

消費期限がない食品ははどうすればよい?

稼ぎ鯛くんの言う通りで

「塩」「ガム」「砂糖」「調味料」など消費期限がない

ものも多数あります。

 

そのような商品はとても簡単で、

「テクニカルサポート」申請をする事で販売ができます。

申請方法はこちらの動画からどうぞ。

 

 

 

 

申請はテクニカルサポートにEメールをします。

タイトルは「FBA期限印字の無い食品 事前申請」

申請する内容は「ASIN、商品名、商品の種類」

 

ASINごとに申請が必要で一度申請が通れば

次回は申請がいりません。

 

 

申請が通れば下の期間販売することができ

受領された日からカウントされます。

ここに該当している商品でも消費期限が

書かれているものは申請なしでも大丈夫です。

 

 

 

 

消費期限がもともと短い商品

温度管理の必要がなく、消費期限が製造日から90日以下の商品の場合は、

事前申請をすると特別ルールで残り期間が短い商品でもFBAで販売できます。

 

通常のルールと特別に適応されるルールの違い

 

申請方法

 

申請先Eメールアドレス jp-fba-short-datelot@amazon.co.jp

 

 

フォーマットはこちらの

要期限管理商品 FBA実践マニュアル」からどうぞ。

 

 

 

商品の配送方法について

商品を配送するには納品ルールがあります。

 

1、要期限管理商品のみを納品する

(要期限管理商品と通常の商品はNG)

2、同一ASINの商品は、納品ごとに

全て同じ消費期限のものを納品する。

 

ここは少し分かりにくいところですので

図で説明しますね。

 

いかがでしょうか?

複雑と思いきや、以外にシンプルなルールですね。

 

 

セット商品の扱い方について

セット商品も同じく「ASIN」は1つですので

商品1つに対して1つの消費期限というルールがあります。

先にポイントを確認しておきますと

 

●全て消費期限を見えないようにして1つの消費期限を貼る。

●1つの消費期限を貼る時は手書きではなく印字したもの。

●外から消費期限が見えるようにする

●バラけないようにしっかり梱包する

●消費期限が全て違う場合は一番短い消費期限を印字して貼る。

●同じ消費期限でセットにした場合は1つだけ見えるようにする。

●セットにした場合は開封厳禁シールを貼る

ダウンロードはこちら→http://s3.amazonaws.com/JP_AM/doc/FBA/BOX_DoNotOpen_Template.pdf

 

 

図で説明をすると

 

ここでつまずく人が多いのですが以外に簡単です。

ちなみに印字はわかりやすく、消える・かすれることのない方法が原則です。

 ■色: 背景の色と対照的な色とし、容易に判読しやすいものとする。

■フォントサイズ: 日本工業規格Z8305(1962)に規定する8ポイントの活字以上

■油性スタンプやラベルシール印刷などを利用

■簡単に消えない・かすれないインクを使用する。

■表記形式は、「年月日」もしくは、「年月」のみ

 

 

 

輸送箱に「要期限管理商品」のシートを貼る

配送箱の横に下のシートを貼り納品します。

貼り忘れや、チェック漏れはもちろん、

剝がれないようにしっかりテープで止めないと

受領されませんのでお気を付けくださいね。

 

シートのダウンロードはこちらからどうぞ

http://hokka1.com/r1/checksheet.pdf

 

 

 

ルール変更と確認 (2017年4月最新版)

・要期限管理テストを受けなくても納品できるようになった

・追加商品をする際の消費期限ルールが緩くなった

・FBAの消費期限の期間が長くなった

・セット商品のレパートリーが増えた

・取り扱い可能な消費期限が増えた

・チョコレートもFBAで販売できるようになった(期間限定)

 

 

セラーセントラル画面からの登録方法

ここは中々難しいので動画でご確認ください。

 

 

 

商品が同じで消費期限が違う場合は

納品プランを分ける必要があるので

続けて納品プランを作成すれば問題ないです。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

マニュアルを読むと難しく感じますが

思ったよりも難しくないものです。

 

1度納品しシステムがわかりさえすれば

できるようになります。

参入障壁が高い分、ライバルが少ないので

これを機に極めて下さいね。

 

ドラッグストアなどはラクマからの仕入れが

オススメですのでこちらの記事もどうぞ。

↓     ↓      ↓

ラクマで電脳せどり!登録から仕入れ方法を動画で大公開!