Amazon詐欺多発!アカウントを守る方法とは?

 

「これはただ事じゃない!」

 

ここ最近、急増しているAmazonのマーケットプレイス詐欺。

しかも商品を購入して支払いをしたが届かない

レベルでは済む問題じゃありません。

 

ここからが悪夢の始まりであまりにもひどすぎる。

 

聞けば聞くほど恐ろしい悪質な手口から

購入代金やアカウントを守る方法をご紹介します。

 

 

 

 

めがね先輩

おい、ほっかい!!

お前は詐欺にあったことがあるか?

 

 

ほっかい

めがね先輩お久しぶりです!

最近多発している詐欺ですね、

実は自分も半年前くらいにありましたが

その時は補償してもらいました

 

 

めがね先輩

今は、それだけじゃ済まないぞ。

そこからが問題なんだ。

気を付けないと、ハッキングされるからな。

 

ほっかい

それはヤバいですね。

めがね先輩!!

詳しく教えてもらっても良いですか?

 

 

 

悪質な詐欺の手口とは。

アカウントを守る前にどのような詐欺かを知っておきましょう。

 

 

 

 

こんな出品者を見たことはないでしょうか?

 

どう見ても赤丸のところに違和感がありますね。

このように怪しい出品者が急増しています。

 

 

 

 

 

 

 

詐欺出品者の共通点とは

詐欺出品者の共通点をまとめると

 

・商品の価格がありえないくらい安すぎる

・新規出品者である。もしくは、評価が少ない

・売れ筋商品ばかりを出品している

・出品者の名前が英語、もしくは人の名前

・発送元が日本ではない

・住所が英語で特定しにくい

・住所が詐欺ショップの住所を勝手に使っている

・Amazon.co.jp以外の出品者である

・評価が少ないのに出品数が多すぎる

・自己発送(プライムではない)

 

 

 

とくに怖いのが日本国外の名前で詐欺をやっている出品者ではなく

日本人の名前で、しっかり住所もあって(詐欺ショップの住所、もしくは情報漏れで手に入れた住所を勝手につかう)

更に金額が絶妙な値段の出品者は本当に恐ろしいです。

 

 

私自身は軽度でしたが、9980円の商品を

購入をして詐欺だと気づいてから

何度も出品者に電話をしましたが出てもらえず

 

Amazonのマーケットプレイス(012-099-9373)に電話をし

「どうにかしてください」と言って補償をして頂きました。

詳しくは違う記事で説明いたしますが

商品自体は、30万円までマーケットプレイスで補償はしてくれます。

 

 

 

もしそのような出品者から購入してしまうと

商品は届かず、出品者に連絡しても無視されるか「知らないふり等」適当な対応をされます。

更に商品は届かずに、代金を引き出しAmazonのアカウントを消しとんずら。

 

マーケットプレイスで補償してもらったとしても

購入の際に情報が漏れてしまうので

そこから最悪、

 

amazonのアカウントが乗っ取られてクレジットカードを

使って商品購入や情報を全て抜き取られてしまいます。

 

 

そうなったらもう情報が悪用されて収拾がつかなくなってしまいます。

 

 

そこで、しっかりセキュリティーを強化し

アカウントを守りましょう。

 

 

 

 

 

アカウントを守るには

1番安全なのは、先ほどの例のような

詐欺出品者らしきものからは購入しないようすることです。

 

 

更に、念には念をということで

Amazonのアカウントのセキュリティ

「2段階認証」を導入するので

あなたのアカウントを守りましょう。

 

 

やり方はとても簡単で、

セラーセントラルページの設定から「ログイン設定」をクリック

 

 

 

 

次に「高度なセキュリティ設定」のセキュリティコードの設定と管理の編集をクリック

 

 

 

 

 

設定を開始するをクリック

 

 

 

 

下の図の、上の赤枠のコード受信希望の電話番号を入力すると

登録された電話にコードが届きますので

下の赤枠に入力して右の「コードを確認して続行」を

クリックすれば完了です。

 

 

 

後は、しっかり登録できているか確認するには

先ほどの高度なセキュリティ設定のページで

コードの受け取り方法が赤枠のようになっていれば大丈夫です。

 

 

 

 

 

まとめ

このようなスキマを狙った詐欺被害を防ぐには

しっかりとした知識が必要です。

自分は大丈夫と過信せずに、

対策をとるの事が大切ですね。

 

また、このような情報はこちらからの

amazonセラーフォーラムからも日々確認できますので

チェックする事をオススメします。

↓     ↓     ↓

amazonフォーラムページ