Amazon刈り取りで稼ぐ!電脳せどりで必須の手法とは?【動画で解説】

「刈り取りは中級者向けっていうけどさぁ…」

 

Amazon刈り取りは難しそうという

イメージではないでしょうか?

 

確かに刈り取りだけで大きく稼ぐには

初心者の方からするとハードルが高いですし

 

複数商品を仕入れたは良いが

価格競争に飲まれたり

Amazonの在庫復活により

結果赤字になってしまったりする場合があります。

 

 

でも安心してください!

 

今回は刈り取りをあまり知らなくても

簡単で安全にできる手法をお伝えいたします。

 

刈り取りとは?

刈り取りとは「電脳せどり」の手法で

「Amazonから仕入れてAmazonで売ること」

出品価格差を狙い、相場よりも安く出品されている

商品を仕入れて適正価格設定をし販売する技法です。

 

実は、ある程度までならとても簡単で

リスクもあまりないので

オススメな電脳せどりでもあります。

 

また、リサーチをしていると

刈り取りできそうな商品にたまたま

出会うこともあるので

そこでサクッと仕入れすることもできます。

 

ただ専門でやるのはハードルが高いので

あまりオススメはしません。

 

 

刈り取りのメリットとは?

1、Amazonから仕入れるため状態が良い

ヤフオクやフリマなどに比べると

Amazonから仕入れるので間違った商品や

雑で汚れた商品はあまり届きません。

 

また、Amazon基準で検品してあるので

安心して販売できます。

 

もし、不良品や違ったものが届いた場合は

カスタマーサポートがあるので

返品などの対応がスムーズなところも魅力です。

 

2、仕入れが簡単でAmazonで完結できる

Amazonだけで完結できるので

沢山のネットショップをリサーチしなくても

仕入れが出来ます。

 

また、Amazonのみなので

余計な登録もいらずワンクリック購入を使えば

数秒で仕入れが出来ます。

 

商品の仕入れ管理もスマートなのが魅力的ですね。

 

3、PCがあればどこでもできる

電脳せどりなので24時間

どこでもPCさえあればできます。

また、自宅でやっている方は

外に出なくても仕入れが出来るので

忙しい主婦や、副業として最高のせどりです。

 

 

刈り取りのデメリットとは?

1、赤字仕入れになりやすい

Amazonの急な在庫復活で価格が下がり

赤字になってしまうことや

世の中の在庫が急に復活し

商品価値が下がってしまう場合があります。

 

しっかりデータを読み取ることで

回避ができますが

読み間違えることも多いので

時間との勝負です。

 

2、北海道や沖縄の人は不利

Amazonから届くのに少し時間がかかり

手元に届いてから発送している間に

値崩れしてしまうこともあります。

 

 

 

 

刈り取りに必要な機能とは?

Amazonから刈り取りをするのであれば

120%必要な機能があります。

 

無料で使えるGooglechromeの

「Keepa」という拡張機能で

 

Amazonの価格変動をグラフでみたり

指定の金額以下になったら通知をくれる

機能などがあります。

 

使い方や導入方法はこちらからどうぞ。

amazon刈り取り最強ツール!無料で使えるKeepaの使い方を動画で紹介

 

 

刈り取りの仕入れポイントとは?

刈り取りで重要なポイントは

1、ライバルと在庫の数

2、販売スピード

3、他のネットショップ相場

4、世の中の在庫数

5、予想売値

などがあります。

 

 

1、ライバルと在庫の数

ライバルや在庫が多いと

商品は中々売れませんし

数も多く出回っていることになります。

 

2、販売スピード

販売スピードが早い商品は

すぐに売れるので価格が下がる前に売れるのですが

 

販売スピードが遅い商品は

売れない間に商品の価値が下がり

価格が安くなってしまう場合があります。

 

3、他のネットショップ相場

他のネットショップの相場が下がっているときは

Amazonが在庫復活する可能性が高いです。

 

 

4、世の中の在庫数

世の中に出回っている数が

少なければ少ないほど

価格差がある商品になります。

 

5、予想売値

モノレートや過去のデータ

もしくは、他のネットショップの相場を見て

予想売値を立てることで

失敗仕入れ回避することができます。

 

私は刈り取りの場合、少し利益率を見積もって

予想売値を立て、届き速攻売り切ります。

 

 

 

刈り取りの基本とネットショップの派生方法とは?

 

 

 

刈り取りは定価越えをしている商品を狙うのが

とても簡単な方法です。

 

 

ちなみに刈り取りにはいくつか種類があり

 

・予約転売刈り取り

・定価越え狙いの刈り取り

・一般セラーからの刈り取り

・価格の変動を狙った刈り取り

 

などがあります。

 

私自身、いつもやっている刈り取りは

定価越えしている商品を定価でしか

販売できないAmazonや業者を狙い

プレ値で売るスタンスです。

 

 

 

例えば下の図の商品をご覧ください。

Amazonと一般セラーの価格差がありますね。

 

 

 

 

更にKeepaのグラフをみるとAmazonが

在庫切れ状態で運よく在庫が復活しており

一般セラーがプレ値で販売していますね。

 

 

 

なぜこの商品が狙い目かというと

●早期購入特典あり

●初回

など世の中に出回っている数が少なく

欲しいと思っている人が多いため

プレ値(プレミアム価格)になっております。

 

 

要は需要と供給のバランスが崩れた商品を

狙って在庫復活した時に狙えば良いです。

 

 

 

もしここでAmazonに在庫がなくても

諦めないでください。

 

まだやることがあり、

実は私自身ここで仕入れが出来ることが多いです。

 

 

 

Amazonがダメなら

「他のネットショップ」を見てみましょう!

 

 

例えばこの商品はAmazonに在庫がありませんね。

ですが定期的に在庫が復活しております。

また復活したとしても数分で無くなっていますね。

 

このように数分でAmazonが在庫切れをおこす

商品というのは、ネットショップでも

あまり在庫がない場合がほとんどです。

 

ただ、Amazonと同様、ネットショップも

在庫復活をするので

定期的に見ることで仕入れが出来ます。

 

 

例えばこれは昨日の話ですが

このように仕入れることができます。

 

 

 

リサーチ方法は「Googleから検索」や

直接「ヤフーショッピング」もしくは「楽天ショップ」

などを検索しても良いです。

 

 

 

後はモノサーチという拡張機能もあり

ネットショップの価格が一覧で

表示されますのでオススメです。

せどり/モノレート対応/在庫数検索 モノサーチ

 

 

導入するとこのように

ネットショップの価格が安い順に表示されます。

 

 

後は上から仕入れが出来そうなネットショップを

探し仕入れるだけですね。

 

ただ、在庫切れをしている商品や

取り寄せの商品も表示されていますので要注意!

 

 

刈り取りで危険を回避する方法とは?

刈り取りで赤字を出さないようにするには

しっかりした知識が必要です。

勢いで仕入れてしまうと

 

・Amazonが在庫復活して利益が出ない

・ライバルセラーが多すぎて売れない

 

など痛い目に遭ってしまいます。

 

ですがご安心下さい。

3つの注意点に気を付けることで回避できます。

まずはこちらの動画をご覧下さい。

 

 

1、ネットショップの在庫をチェック

Amazonで出品している最安値をみた時に

定価より高めでだとしても

すぐに仕入れると危険です。

 

そんな時は必ず、ネットショップを見てみましょう。

ネットショップに大量に在庫がある場合は

世の中に商品が沢山まだ在庫があるという証拠なので

他のライバルセラーも簡単に購入することが出来ます。

 

数日もすれば、価格は下がり

結局赤字になったというケースも少なくはありません。

 

 

2、Amazonの在庫状況をチェック

Keepaのグラフを見ると

Amazonがどのような周期で

在庫復活しているかわかります。

 

下の図の赤丸のところをみると

一時的に在庫が切れていますが

過去には半年以上は常に在庫がありました。

 

ここで予想されるのは

また在庫が復活してくるかもしれないと

というところです。

 

そしてネットショップでも大量に在庫が

ある場合は、間違いなくAmazonも

在庫復活してきますので要注意です。

 

 

3、モノレートユーザー数をチェック

モノレートユーザー数を見ることで

ライバルセラーの人数が予測できます。

 

普段は少ないのに、急に沢山のユーザーが

みているような商品は危険ですので

警戒する必要があります。

 

このような場合は、情報発信者がメルマガなどの媒体で

情報を流したので注目されているか

 

もしくはAmazonも含め全国のネットショップや店舗で

安売りセールがあったかのどちらかの可能性が高いです。

 

 

まとめ

刈り取りは正しい知識があれば

大きく稼げますが大量仕入れは少しリスクが高いです。

 

ですので、数ある手法として

稼げそうな商品をトラッキングするなど

あまり注目されていない商品を狙い

1つのキャッシュポイントとして

始めることをオススメします。

 

keepaと合わせてしっかり仕入れ判断を

することで赤字のリスクを回避することが

できますのでこちらもご覧くださいね!

↓     ↓     ↓

【せどり必須】モノレートアプリの使い方と見方を動画で解説!