【せどり必須】モノレートアプリの見方を動画で解説!

 

「モノレートを制する者はせどりを制す!」

 

というくらいせどりには欠かせない必須アプリで

この見方さえ攻略できれば赤字仕入はほとんどありません。

 

 

ちなみにモノレートとは

amazonの商品ランキングと価格推移を

分かりやすく表示するアプリ

なのですが

 

商品の「最安値」「出品者数」「ランキング」

「ユーザー数」「Amazon本体の価格」などを

簡単に読み取ることができます。

 

 

 

また、新品や中古なども表示されますので

モノレートがないと仕入れが出来ないと

言っても過言ではありません。

 

 

今回はせどりの肝となる

モノレートの使い方と見方を解説していきます。

モノレートはこちら

 

 

モノレートの使い方とは?

 

ではまずは基本の使い方を説明しますので

動画をご覧ください。

 

 

 

 

パッと見はグラフばっかりで

「こんなの読み取るのー?」

と思ってしまうくらいのものですが

 

 

使ってみればそんなに難しくないので

ご安心ください!

 

 

モノレートで重要なのは

 

・商品価格の上がり下がり

・出品者数(ライバルの数)

・ランキングの動き方

・ユーザー数(この商品の注目度)

 

後は新品もしくは中古、コレクターの

どの商品かを見ていけば

どんな商品でもかかって来いです。

 

 

また、期間も「3カ月」「6か月」「12カ月」「全体」

から選択できますので季節によっての売れ行きなども

確認することもできるので

先読みして仕入れすることもできますね。

 

 

モノレートの凄いところは

全くもってしらない商品でも

グラフから読み取ることで

売れ行きがわかり仕入れ判断ができます。

 

ですので慣れてきたら

モノレートから仕入れ判断をし

最終チェックとして

商品ページをみるという流れになり

 

・ライバルの在庫数

・最安値以外の価格

・商品のレビュー

 

の3つをみる程度なのでモノレートを

極める事が仕入判断をする最も重要な

ポイントだという事がおわかり頂けますね。

 

 

 

モノレートの見極めとは?

モノレートは面白いことにせどりを

ずっと長くやっている人でも

悩んでしまうグラフがあります。

 

本当は利益があったのに

ランキングが反応していないから

仕入れなかった。

 

もしくは、読み違いをしてしまい

「赤字になってしまった」

というケースも少なくありません。

 

だからこそ、沢山のモノレートを見て

しっかり読み取ることと

正しい知識をつける必要があります。

 

例えばこのようなモノレートもあります。

 

 

 

中古の商品は少しモノレートが難しく

amazonの商品カタログの商品状態を

みて適正価格を見ていく必要があります。

 

 

他でも「刈取り」や「予約」商品でも

モノレートの見方が変わってきたり

しますのでこちらをご覧ください。

 

 

 

 

モノレートで失敗しないコツとは?

失敗仕入れさえしなければ赤字にはならないので

しっかり押さえておきたいところなのですが

「商品によってモノレートが違う」

ことから事例を上げてしまうと膨大な量に

なってしまいます。

 

ただ回数をこなしていく事で

パターンが見えてきて、失敗仕入れを

しない読み方が身についてくるのですが

 

 

その中でも私が気を付けている

5つのポイントがあります。

 

1、リサーチした瞬間の価格だけで判断しない

2、ライバルの数と売れている数をしっかりみる

3、amazon本体の販売状況

4、ユーザー数が急激に上がっていないか

5、ランキングはしっかり過去もさかのぼる

 

 

ちなみにユーザー数が急激に上がっていると

セールなどで安売りをしていてるケースがあるので

価格が暴落する危険性があるので注意。

 

 

この他にも細かいルールがあるのですが

5つのポイントを押さえることで

失敗仕入の確率はグゥーンと下がりますので

意識してみて下さいね。

 

まとめ

せどりをやっていく上で

モノレートは必ず使用するものです。

 

はじめのうちは、しっかり時間をかけ

確実に読み解くことで不良在庫を持つことなく

安心して仕入れをすることができます。

 

もしモノレートでわからない点があれば

お気軽にご相談くださいね。

↓   ↓   ↓

ほっかいご相談メール

 

その他にもせどりで必須な利益率を

簡単計算してくれる無料ツールはこちら

↓   ↓   ↓

Amafee(アマフィー)アマゾン手数料を簡単計算【動画解説】