ラクマで電脳せどり!登録から仕入方法を動画で大公開!

 

「ラクマを使っていない人は損してますよ!!」

 

 

と大声で言いたくなるくらい

実は電脳せどりではラクマが狙い目です。

 

特にメルカリを使って電脳せどりを

やっている方であれば

なおさらラクマを使う事をおすすめします。

 

 

 

登録方法と使い方はもの凄く簡単で

更に仕入れ方法も公開してありますので

まずはこちらの動画をご覧ください。

 

 

 

 

ラクマのダウンロードはこちら!

 

 

 

そもそもラクマとは?

ラクマは楽天株式会社が運営するフリマアプリでオークションとは違うので

即購入ができるシステムが魅力のアプリで

最大のライバルは「メルカリ」でシステムもよく似ています。

 

 

楽天と提携していますので

「楽天のスーパーポイント」を

使えるというメリットもあります。

 

ここで注意なのが

あくまでも使えるという事ですので

ポイントは貯まりませんのでお気を付けくださいね。

 

 

 

「じゃーメルカリで良いのでは?」と

思う方も多いと思いますが

 

ズバリ

ラクマの方が安く落札できる可能性が高いです。

 

 

更に詳しく説明していきますね。

 

 

 

 

ラクマとメルカリの違いとは?

電脳せどりでフリマから仕入れるのであれば

ラクマの方が安く仕入れが出来るとお伝えしましたが

これには明確な理由があります。

 

大きく3つに分けると

 

1、メルカリよりラクマの方がライバルが少ない

メルカリは2016年12月の時点で4000万ダウンロードに対し

ラクマは2016年11月の時点で400万ダウンロード

 

圧倒的にメルカリの方がユーザーは多いです。

だからこそ、購入者が少ないので

ライバルも少なく、お宝が眠っている事が多いです。

 

2、販売手数料がラクマは0円メルカリは10%なので販売価格も安い

ラクマは販売手数料が0円なので販売価格も

メルカリよりも10%くらい安いことが多いです。

また、メルカリもラクマも出品している方も多いので

ラクマの方が安く購入できます。

ラクマ相場とメルカリ相場を理解することで

安く仕入れができますね。

 

3、値段交渉しても奪われにくい

メルカリでは値段交渉をすると

ハイエナたちが集まってきますが

ラクマはライバルが少ないので

値下げ交渉を簡単にすることができます。

 

特にトレンド商品はメルカリみたいに奪い合いを

そこまでしなくても良いので狙いやすいです。

 

 

 

ラクマのデメリット

ラクマにももちろんデメリットはあります。

 

それは

ユーザー数が少ないので商品数が少ない

というところです。

 

メルカリの10分の1くらいしかいないので

ちょっとマイナーな商品は

ほぼありません。

 

また、メルカリに比べるとレスポンスが遅く

価格改定に時間がかかるので

気長に待たなければいけない商品もあります。

 

メルカリでも同じく言えますが

もし日が経っていて

値下げ交渉をしたい場合は

 

いきなり交渉をするのではなく

「購入を考えているのですがまだ商品はありますか?」

と質問をすると

他の購入者から奪われることもありませんね。

 

 

組み合わせると最強のアプリ

ラクマからせどりをする時

毎回リサーチをするのも大変ですね。

 

 

そんな時「フリマウォッチ」というアプリと上手く

組み合わせる事で自動化することができます。

 

フリマウォッチのダウンロードはこちら!

 

スマホでもPCでも使えて

仕入れたい商品のキーワードを登録するだけで

後はアラートが知らせてくれる便利な機能です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

↓    ↓    ↓

【アラートアプリ】フリマウォッチPC版の使い方とは?

 

 

まとめ

メルカリはライバルも多く、相場もラクマに比べて高いので

中々仕入れが出来ないというのが現状です。

 

それに比べラクマは手数料が0円なのとライバルが

少ないので交渉次第では安く仕入れが出来る商品が

まだまだ溢れています。

 

一度交渉が失敗したからと言って諦めず

安く販売してくれる出品者を見つけることが

大きく稼ぐ一番の近道です。